男性

安全な賃貸経営

婦人

必ず収入がある

サブリースとは所有するマンションを、そのまま1棟、不動産会社に賃貸する不動産投資の手法の1つです。マンション1棟を借りた不動産会社は、そのマンションで賃貸経営を行うこととなります。不動産投資は周知のとおり、売却して利益を得る目的と賃貸経営をして賃料収入を得る目的の2つに分けられます。売却して利益を得るつもりであれば、原則、何もしなくて良いのですが、賃貸経営の場合は不動産を滞りなく管理する必要があります。もちろん、入居者を募集する必要もあり、そういった能力が不動産投資家にないことが、賃貸経営の大きな問題となります。その問題を解決すべく、賃貸経営をする不動産投資家は様々な手法を講じているのですが、その1つがサブリースなのです。そしてサブリースは、一切の賃貸経営業務を一社に丸投げしてしまうわけですから、最も手間のかからない手法だと言えます。サブリースの大きな特徴として挙げられるのが、家賃保証があることです。つまり、空室が多くて、本来ならば赤字だったとしても、不動産会社からは同じ賃料が支払われることになるのです。但し、逆に空室が少なければ、損をしてしまうことになります。サブリースの賃料は契約によって異なりますが、大体、満室家賃の70〜90%の賃料です。従って、一般的に入居率が70〜90%以上になると損をしてしまうことになるのです。しかし、損をするといっても、必ず収入はあります。もし、自ら賃貸経営を行い、赤字となれば、収入はなくなりますから、そう考えるとサブリースは非常に安全な手法だと言えます。