男性

安心できる仕組みです

背広の人

滞納リスクがありません

ようやく入居が決まったが、数ヶ月で滞納をするようになったという経験を持つオーナーも少なくありません。不動産投資においては空室リスクが意識されることが多いですが、滞納も深刻なリスクと言えます。滞納は空室とは異なり、入居者が部屋に居座っているため、大きなトラブルに発展する可能性が高いです。また、賃貸借契約をした際に親族等を連帯保証人に付けているものの、その連帯保証人に請求しても資力がなかったり、連絡が取れなかったりして、支払いをしてもらえないこともあります。このような悩みを解消してくれるサービスが家賃債務保証です。家賃債務保証とは賃借人が滞納をした場合に、保証会社が賃借人に代わって滞納家賃分を賃貸人であるオーナーに支払ってくれます。そして、保証会社が賃借人に立替払いをした家賃を督促し、回収します。また、立ち退きにかかる諸費用も保証してくれるというものです。つまり、保証会社が賃借人の連帯保証人になってくれるサービスです。保証料は入居者が支払います。保証会社がビジネスとして家賃債務保証を行っているため、親族等の連帯保証人よりも、スムーズに滞納家賃の立替払いをしてくれます。オーナーは家賃債務保証が付いている入居者を確保することで、滞納リスクを排除でき、安定した賃貸経営を行っていくことができます。もしも、入居者募集を委託している賃貸仲介会社に家賃債務保証サービスがなければ、他の賃貸仲介会社をあたってみるとよいです。